GCD療法

私にとっては初めての抗ガン薬剤・ゲムシタビンを使った「GCD療法」を先ほど(14時10分ごろ)開始しました。きょうは最初に30分ほどのステロイド剤・デキサート。
次も30分ほどの制吐剤・グラニセトロン。
3番目に初めての抗がん剤・ゲムシタビンが30分。これには「時間厳守!」のコメント付き。
最後が何度目かの抗がん剤・カルボプラチン1時間。

その後の3日間はデキサートのみの投与。
そして1週間後の来週23日にゲムシタビンを投与してそれでワンセットで「GCD療法」だそうです。

なお今回は、3日間のデキサート後の2月20日は分子標的薬・リツキサンも使います。なので、「R-GCD療法」とでも言うのでしょうか…

「GCD」は、例によって、「ゲムシタビン」「カルボプラチン」「デキサート」のそれぞれの横文字の頭文字を並べたものです。きょうはまだいわきにいる家族にスマホで経過報告。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です