富岡高校女子サッカー部・マリーゼ交流

きのう(1月14日)、福島県立富岡高女子サッカー部現役生・卒業生と、原発事故後に活動休止中の東電女子サッカー部「マリーゼ」の元選手との「最後」の交流試合がありました。

「最後」というのは、富岡高女子サッカー部は今年3月末で休校になるからです。

わが家の娘は、このサッカー部に3年間所属し、原発事故1年前に富岡高校を卒業しました。

きのうは、マスコミのカメラもかなりの数だったそうです。地元紙「福島民友」では1面にカラー写真、「朝日」には「福島・浜通り版」に写真掲載。娘は、位置的には両方ともほぼ真ん中。


「富岡高校女子サッカー部・マリーゼ交流」への1件のフィードバック

  1. 原発事故の2年前に仕事で富岡高校におじゃましたことがあります。校長にバトミントン体育館や屋上のゴルフ練習場など案内していただきました。当時、長谷部さんの娘さんが在学中でしたか。原発事故は多くの若者の進路を変えましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です